甘く切ない君の歌

拗らせヲタクのひとりごと

松竹座オタクが初めて本物の歌舞伎を観劇した話

 

 

 

 

 

 今まで幾度も通った松竹座。いつもオタク達と「ここに墓を立てる」「3階5列の後ろでいいから亡霊となって住みたい」と言い合っていた松竹座。実家よりも落ち着く大好きな松竹座。今回、その劇場で初めて歌舞伎を観劇することになった。大学の教授に提出するレポートをそのままここにも記録しておこうと思う。

 

そもそも何故歌舞伎を観劇しようと思ったのかというと、古典芸能に関して学ぶ授業を履修していること、『滝沢歌舞伎』によりなんとなく歌舞伎に興味を持っていたこと、そしてとにかく松竹座が大好きなことが理由として挙げられる。

 

以下レポート

 

 

 

松竹座で行われている七月大歌舞伎を観劇した。演目は『色気噺お伊勢帰り』、『厳島招檜扇』、『義経線本桜』の3本である。3階席後方には大向こうの掛け声をする人が立っており、役者のセリフや所作がきまった瞬間に会場中に響き渡る力強い声が聞こえてきた。初めて本格的な歌舞伎を劇場で観劇し、その迫力や細かな演出に引き込まれた。

 公演全体を通して、まず驚いたのは黒子の徹底さである。3階席後方より観劇したので、上からならば時折黒子が動く様子が見え隠れしてしまうのであるが、役者が立ち止まってセリフを言う際には黒子が役者の後ろにぴったりと張り付いていて上からも全く見えないようになっていたのである。歌舞伎は西洋劇とは違い一人がセリフを言う際に周りが動くことがほとんどなく、セリフを言う役者以外は静止している場面が多かった。その際に黒子は客席から見えないよう椅子を運び、影のように表舞台を行き来していた。豪華な衣装は歩くのが大変そうであったが、その際も黒子が綺麗になるよう整えていた。『義経千本桜』で、知盛が自殺する場面では、後ろに黒子が体を受けるためにスタンバイしているのが見えて、迫力が半減してしまった部分もあるが、それ以外の場面では、本来なら見えないという設定に忠実だったように感じる。黒子の助けがない場面でも、長い着物の裾が美しく舞台を這い、座った時に綺麗に裾が広がるように役者が座っていたのは芸術的であった。3回席から見ると裾の広がり方ひとつとっても繊細に演じられているのがよくわかった。

 1本目の『色気噺お伊勢帰り』は松竹新喜劇を歌舞伎に再構成されたものであり、単純明快なストーリで笑いどころもあり、初めての歌舞伎観劇にはぴったりな演目であった。正直、初めの方はセリフで何を言っているのかわけがわからず、喜六が絶対必要でないだろう踏み台を大事そうに自宅に持って帰るシーンでしか笑えなかったのであるが、物語が進むうちに男前の清八と、不細工な喜六の対比や、その妻であるお安とお咲のやりとりが面白く、また喜六と一夜を共にした、喜六そっくりの遊郭の女、お鹿の登場シーンにはどっと笑いが起きた。清八の妻、お咲は、立ち振る舞いも美しく、声も高いため途中まで本当に女の人だと思うくらい綺麗であった。歌舞伎に女性が出演することはないのに、女形の役者が本当に女性のように見えるのだから驚きである。物語の終盤には遊女お紺がまさかの旦那持ちであり、金目当てだったことがわかり、さらにお紺の旦那がお縄になり、お紺も遊郭から追放されるというまさかの展開で「そんな展開あり!?」という感じであったが、そのぶっ飛び加減がまた新鮮であった。

 2本目の『厳島招檜扇』は平清盛が沈みかけた夕日を再び昇らせたという伝説に基づいたものである。一言でいうと荘厳という感じであった。清盛はボソボソと喋るし、白拍子を見ながら目を閉じており、昼の幕間開けでうとうとする観客同様、清盛…寝てる…、と本来は絶対寝ていないのであるが、そう思うと急に清盛に愛着が湧いてきた。油断していると急に清盛が襲われたので驚いたが、清盛はそれを交わして命を取り留める。イヤホンガイドでは「命を狙われたが交わした」とアナウンスされていたので、交わしたことがわかったが、実際には動きがゆっくりであったので、交わしたようには見えなかった。完全に刺されていた。最後には伝説の通り扇を仰ぐと夕日が再び昇り、会場の照明も徐々に薄暗くなってから、オレンジの照明が照らされるような演出となっており、清盛の圧倒的強さが表現されていた。

 三本目は『義経千本桜 渡海屋・大物浦』である。ポスターでも血だらけの知盛が映されているように、迫力満点の歌舞伎であった。渡海屋のシーンで印象的なのは言葉遊び的なセリフのシーンである。戦いに臨む前の緊張感あるシーンであるが、途中に従者が曲げられた刀を伸ばすシーンといった、コミカルな様子が挟まれていた。渡海屋にちなんで魚の名前が用いられたセリフ、魚づくしは、歌舞伎のセリフがいまいち聞き取れない私でも楽しむことができた。「せめてものはら伊勢海老に、このひと太刀魚をかまして槍烏賊」と聞き取れたとき魚づくしとはこういうことか、と感動した。場面が変わり安徳天皇の登場シーンでは、子役の登場に客席が和んだ。常に傍に帝を見守り、戦いで人が死ぬ際には着物の袖で帝の顔を塞いでおり、女房お柳の帝に対する愛がひしひしと伝わってきた。まだ8つの帝が局とともに「海の下の都」に向かおうとするシーンは切なく胸が締めつけられた。局と帝が自殺する直前に義経一行に見つかり止められるのであるが、そのあと局が突然刀を出し自殺するという驚きのシーンが展開された。血まみれになった知盛は狂気的であり、小さい頃見たらトラウマになりそうな風貌であった。命が絶える間際の切迫感が伝わってき、自殺間際、自分の体に縄を巻き付け、錨を掲げる場面は、オチがわかっていても息を飲むような場面であった。錨が本当にとても重いものであるかのように見えた。知盛が血だらけになって戦う様子を義経は何も顔色を変えず、ただじっと見つめていたのでサイコパスさを感じたし、知盛が崖の上に向かう直前帝がまだ幼い声で「とーもーもーりー、さらばー」と別れの言葉を発したので、「帝、こんな簡単に知盛とさよならするんだ…」と悲しい気持ちになった。歌舞伎の世界は時として無情である。知盛が背面から落下する場面はこの日で一番大きな歓声が上がり、その歓声も相まって、非常に迫力があり見ごたえがあった。

 初めての劇場での歌舞伎観劇は想像以上に面白く、役者の表情や衣装、演出等目を引くものが多かった。劇場でしか味わえないような切迫感、お笑いの場面、劇場の高級感、非日常で溢れていた歌舞伎の面白さに心を奪われた。

 

 

 

 

 文章力が乏しいため歌舞伎の素晴らしさが伝わらないのが悔しいが、本物の歌舞伎が想像の100倍は面白く、女子大生のジャニヲタの心にヒットしたのをおわかりいただきたい。松竹座オタクの皆様、オフシーズン、是非歌舞伎を見に行ってはいかかだろうか????ちなみに私は9月に南座四谷怪談でも観劇しようかと考え中。

 

 

 

 

 

 

約束するよあの場所に連れていくから





元号が変わるのと同時に、彼らにも沢山の変化がありました。こうしてブログを書くのは久しぶりなのですが、変化するタイミングで更新していたので今回も自分が将来読み返して懐かしむためにも記録しておこうと思う。




2018年10月。なにわ男子結成

紫耀くんと廉くんが関西Jr.から去り、金内くんがJr.を辞め、関西Jr.にユニットがなくなり、2015年からは個人単位で活動する期間があった。この間に、康二くんは年齢や活動歴から、これまでの弟キャラとは打って変わり、みんなのお兄ちゃんポジを確立し始める。今まで一緒に活動してきた仲間との別れからしばらくは“デビューしたい”と口にすることがなくなり、“関西Jr.全体で”と発言することが多くなった。私は常に自担には最前線にいてほしかったし、誰よりも輝いてほしかったし、何よりも、伸び伸びと自分のやりたいことをする自担が大好きだったので少し寂しかった。だけど、今まで弟キャラだった自担の背中には背負うものができた。それは見てるこっちが疲れるような重い重いものだった。でも、後輩を引っ張っていく姿はこれもまたかっこいいんだ。




MCでは常に下手側で、色んな後輩に話をふり、適度に自分もボケ、コンサートの終盤での挨拶も回を重ねるごとに板についてきたね。個人戦だったこの3年間の間に、ラジオ、舞台等様々な仕事を経験し、踊り方も魅せ方もグッと大人っぽくなった。いつのまにかまた“デビューしたい”と口にするようになり、関西Jr.のセンターだった大吾くんをライバルと発言するようになった。自分のしたいこと沢山口にするようになった自担が誇らしかったし、叶える姿を全部見てたいと思った。


大吾くんがセンター、それを支える康二くんと龍太くん。次世代を担う流星。勢いのある後輩たちも沢山増えた。春夏冬には松竹座、最前列に立ち、ソロ曲を披露し、それが当たり前だった。関西Jr.に大きな変化があっても、康二くんはより強くなれることを知れた。でもそんな当たり前が、当たり前じゃなくなる時がまた訪れた。それがなにわ男子の結成だった。そこには康二くんの名前はなかった。


私はこの時点で周りが騒ぎ立てるほど悔しい気持ちはなかった。大好きだったKinKanがなくなった時点で、私自身ユニットへの拘りがなくなってしまっていたし、現なにわ男子のメンバと康二くんが同じ仲間として、同じモチベーションでデビューする未来がどうしても想像できなかったから。康二くんがユニットに入れなかったとしても、康二くんが最前列にいないコンサートなんて想像できなかったから。現に、結成直後に行われた梅芸でのコンサートではそれほど立ち位置が変わったとかいう実感はなかったし、新しいユニットができても、そこに康二くんはいなくても、ステージ上の康二くんはいつもと変わらない、大好きな康二くんだった。


それでも、ちゃんと「なにわ男子に入れなくて悔しかった」って言ってくれてありがとう。




2019年1月4日。

康二くんが関西Jr.のみんなとステージに立つのが最後になった日。


この日私は単純にコンサートを楽しみにしていた。Twitterで色んな噂があったりしたけど、全く気に留めてなかったし、(というか少しジャニーズから離れてしまってたのもあった)康二くんが昔「関西Jr.でまた城ホールでコンサートしたい!」と言っていたことが2年連続で叶って嬉しさすらあった。久しぶりの団扇を持てるコンサートに純粋にワクワクしていた。し、結果的にコンサート自体はとても楽しかった。


Can't stopでポップアップで出てきた7人の中に康二くんが居なかったこと。歌割りないから出てこないのは当たり前なのに、なのに、必死に探してしまう自分がいた。なにわ男子の新曲と衣装がキラキラしすぎて眩しかった。ダイヤモンドスマイルが好きすぎて、康二くんにも「瞬きが終わる頃僕だけの君でいてね」って歌いながら手を差し伸べてほしかった。良曲すぎて悔しくて泣いた。龍太くんとさえも歌わせてもらえてなくて、リチャとか末澤とかその辺と歌うことが多いことも受け入れられなかった。悔しい。


そんなこと思いながら、

気がついたら最後の曲で、気がついたらみんな泣いていて、状況が飲み込めなくて、「不安に押しつぶされそうで」って歌いながら、顔ぐっちゃぐちゃにして泣いている康二くんがいた。久しぶりに泣きじゃくる康二くんを見たら、よくわからないまま私も涙が止まらなくなった。



2019年1月17日

康二くんがSnow Manに加入することが発表される。



3月の横浜アリーナでの公演がお披露目とされていたが、実際は滝沢歌舞伎南座公演での康二くんは完全にもうSnow Manの一員だった。色んな意見が飛び交う中で、本人達も色んな思いを抱えていただろう、そんな中で、苦悩とかそんなものを一切感じさせないパフォーマンスに圧倒されっぱなしだった。康二くんもこんな強い顔できるんだ。桜の花びらの中で晴れやかな顔つきで踊る康二くんの背中は少しだけ軽くなっていた。康二くんがセンターにいなくても1月の時のような悔しさはなくて、やっぱり康二くんが1番輝いてるって確信した。康二くんは置かれた場所で綺麗に咲ける人。また、強くなれた康二くんを見れた。




横浜アリーナで行われたコンサートの初回公演で遠慮気味に挨拶していた康二くん。「9人で」とも「Snow Manとして」とも言わないところが康二くんらしいなと思った。そんな康二くんが最終公演では「Snow Manに入れてとても幸せ」だと言ってくれた。



康二くんほど応援しがいのあるアイドルはいないと思っています。今まで笑顔も、時には泣き顔も不機嫌な顔も沢山見てきた。行ったことない会場も沢山連れていってくれた。いっぱいいっぱい幸せをくれたのに、まだ見たことない景色、知らない世界、見せてくれるんだ。康二くんのファンは本当に贅沢!


加入とか卒業とかプロデュースに関してとか意見が飛び交っているけど、どこのグループにいても、康二くんがステージに立ち続けてくれる限りどこまででもついていくし、どんな康二くんも大好きになれる自信がある。SnowManのことなんて興味なかったわたしが、今では康二くんが加入する前のYouTubeの動画を毎日再生しているくらいだから、それだけでも康二くんが加入した意味があるんじゃないかなって、こんなこと言ったら6人のファンから怒られちゃうかな。私みたいな人他にも絶対いると思う。だから同じように、SnowManのファンの人たちにも、少しずつでいいから康二くんのこといいなって思う人が増えてほしいな。好きになればなるほど魅力に引きずりこまれる素敵な人です。どうか温かい目で。







康二くんが連れていってくれる場所は一体どこなのかな




なんて狭くて深い世界。




光に導かれるように進んだ先は、夢と希望が溢れそうなくらい詰まった箱の中。


重厚な幕の奥から聞こえてきた気合いの掛け声と足踏みを私は忘れられない。


2015.08.02〜08.26

そこには、いつもと同じ、だけど、いつもと違う夏があった。


本人達も言ってたよう、まだまだ未熟なものだったかもしれない。雑誌に書かれていたよう、『最高の未完成』であったかもしれない。それでも、最高のものであったと、私は胸を張って言いたい。


いつだって、自分の想像を遥かに越えてくれる自担が誇らしくて、愛しくて。決して、「俺についてこい」と言うタイプではないし、自分の本心もなかなか見せてくれない。けれど、いろんなものを背負った背中は、今までの何倍も大きく見えた。




今年はラジオに出演する機会を沢山もらえた。その度に近況を楽しそうに話してくれたり、新作ギャグを披露してくれたり、照れて言えない甘いセリフにもチャレンジしてくれた。その反面、かなり踏み込んだことも話してくれた。


『少年たち』松竹座公演前(7月)に出演したナガオカ×スクランブルより、一部文字起こし


僕ね、ゆいたいんですけど、デビューが全てじゃないんです。CDデビューがゴールじゃないんですよ。CDデビューしたいって僕は言わないんですよ。それはまだ認められてないからなんですよ。だから認められるまで僕は必死に頑張ります。”


驚いた。

自担が語るデビュー観がこうも冷静で、現実的なものだなんて思わなかったから。久しぶりに彼の口から聞いた『デビュー』という言葉は重く、苦しかった。大人になった、成長した、なんて前向きに捉えることなんて、この時私には出来なかった。


更に、同じ7月、ガチ・キンに出演した際にはこんなことも言ってくれた。


僕結構ユニットころころ変わるんですよ。昔ね、ムエタイブラザーズって兄弟でやってたんですよ。KinKanとかいろいろその前にもあって、KinKanなって、なくなっていろいろあってね今は関西ジャニーズに



本人の口から告げられるユニット消滅の事実。これを聞いた時も、こんな踏み込んだ話までしてくれるのかと驚いたのだが、彼が過去をなかったことにせずに受け止め、ハッキリと『KinKan』と言ってくれたことの嬉しさの方が大きかった。3人で活動してたこと、それも、紛れもない事実だから。



松竹座公演を終え、日生劇場で公演中には、大先輩である関ジャニ∞の村上くん、丸山くんのレコメンにも出演した。その時にも彼はデビューについてこう言っている。



“若い30代でおりたいですね。理想ですか?え〜やっぱり、その、デビューとかじゃなくて、ちょっとまぁテレビにはちょこちょこ出ときたい。デビューよりはとりあえずまずは関西Jr.を知名度上げてから、デビューしたいしたい言っててもアレなんで、まずデビューできるところまでスキルを上げてからデビューしたい、と。ちゃんと、文句言われへんくらいになってからデビューしたいって言いたい。”


彼はいつから自分よりも関西Jr.のためにこんなに頑張れる人になったんだろう。数いる関西Jr.の中で最前列で踊る人、ではあるけれど、あまりにも背負うものが多すぎるんじゃない?もっと、聞いてるこっちかバカじゃないの?って思うくらい、おっきな夢は語ってくれないの?ほんとに、デビューだけが全てじゃないのかもしれないのに、私はただの彼を応援してるファンなのに、何故か聞いてる私がどうしようもなく切なくて。だけど、そんな風に関西Jr.のため、周りに認められてから、と躊躇いもなく答える彼がどうしようもないくらいカッコよくて。悔しいけど、いや、私が勝手に悔しがってるだけなのだけど、やっぱり何を言ったって、彼がどんな夢を描いてたって、私が応援したいのは君だけなんだよ。


この前、松竹座でかねうちくんが辞めてから初めてかねうちくんの話題が出てしまった。名前こそ出さなかったけれど。いつもジャニーズだからとか、タブーとか、そんなのお構いなしに喋る彼が、かねうちくんの名前は出さないこと。あんなに頼りにしてて、ずっと一緒に切磋琢磨してきたシンメがいただなんて思わせないくらい立派にステージに立ち続けていてくれること。やっぱりカッコよすぎるよ。たくましすぎるよ。どんな気持ちでかねうちくんの衣装を着たのか、どんな気持ちでいたかなんて全部勝手な憶測でしかないけど。


この季節が終わる頃にはどんな表情を見せてくれるんだろう。次の季節はどんな表情を見せてくれるんだろう。なんだって大好きだから。これからも沢山の表情を客席から眺めていたい。



早く松竹座に行きたい人のひとり言でした!メリークリスマス!(早)



さくらのような君でした





2015年3月31日。その日は春松竹の千秋楽だった。


彼にとって最後のステージになるかもしれないことは薄々勘付いていた。その予想が外れであってほしい、直接赴くことが出来ない私は、全員が笑って幕を下ろせればいいなと祈るばかりだった。


ジャニーズのファンである以上、自分が応援しているアイドルとの突然の別れは避けては通れない。デビューしていても将来は約束される訳ではない。ましてやJr.。未来なんてあるのかすらわからない。漠然とした不安の中で必死に輝こうとしている、そんな彼らを応援していたい。第一線で活躍するJr.ですら突然舞台の上から姿を消してしまうような場所だとは頭では理解しているつもりだった。でも、心のどこかで、まだでしょ?いずれはその時が訪れるかもしれないけど、まだでしょ?って思ってた。レギュラー番組があるからって、ラジオの仕事があるからって、憧れられる立場にいるからって。今、このタイミングで辞める訳ないじゃん。噂なんて信じたくなかった。


公演が終わるだろうという時間からずっとTwitterに貼り付いた。気が気じゃなかった。胃かキリキリした。何度も何度も検索して画面をスクロールした。彼が本当に辞めるかもしれない、ってレポを見たいわけじゃない。「いつもと変わらなかったよ」「なーんだ、やっぱり私たちの思い込みだよ!」って早く言いたかった。15公演お疲れ様!って真っ先に言いたかった。


なのに、流れてきたレポはどれも悲しくなるものばかりだった。噂されてたことが本当に、実際に、現実になってしまったんだ。信じられない。あり得ない。足が震えた。涙が止まらなかった。現実はあまりにも儚い。


人一倍責任感が強くて、とにかく一生懸命で。関西Jr.のことを人一倍想ってくれていた彼。私の大好きな人が、大好きな人。シンメとして、康二くんよりもダンスが見劣りする部分はあったかもしれない。頑張りすぎて空回りしちゃうこともあったかもしれない。少し自信のなさそうな顔をすることもあった。でも、康二くんに手を差し伸べてくれてたのはいつも彼だった。康二くんのつまらないボケも全部拾ってくれた。康二くんの行き過ぎた暴走を咎めるのは彼にしか出来なかった。6人でわいわいしてる姿も、3人でぎゅーってくっついて幸せそうに笑う顔も、全部全部大好きだった。


自分が今の関西Jr.に必要な存在であることはきっとわかっていたはず。新しい道に行くことを決断するのにどれだけ勇気がいるだろう。どれだけ寂しかっただろう。どれだけ今の夢を諦めることが辛かっただろう。彼はもっと上を目指していたのかもしれない。真面目で真っ直ぐだから、もっともっと広いところを目指していたのかもしれない。


千秋楽の翌日、あらゆるところから彼の名前が消えた。まるで、今まで存在しなかったかのように消えた。数時間前まであったものが突然消えた。そのことも覚悟はしてた。なのに、実際になくなったことを自分の目で確認するだけでこんなにも涙が止まらないなんて思わなかった。千秋楽公演の出来事は夢だったんじゃないかって、実感が湧かないまま過ごしてた1日だったけど、ほんとに居なくなることを実感することがこんなに辛いなんて思わなかった。


こんなに悲しくて、切なくて、やるせなくて、儚くて。でも、最後まで自分のやるべきことを全うしてくれたことがかっこよくて、たくましくて。


最後に涙でいっぱいの目で見たステージからの景色は、どんな景色だったんだろう。涙でいっぱいの目で見た、涙でいっぱいの目をした仲間を見てどんなことを思ったんだろう。


私は向井康二くんのファンだ。だから私の口からは「今まで康二くんの隣にいてくれてありがとう」そんなことしか言えない。彼は康二くんの最高の相方だった。今更引き止めたって戻って来ないんだから辞めないでなんて言わない。彼も、残された仲間も前を向かなければいけない。


金内柊真くん、学生生活の大事な6年間をアイドルでいてくれてありがとう。この経験と決断が将来、良い方向へと繋がることを心から願っています。



ここまでブログを書き進めてきたけれど、週末にテレビをつけても彼の顔が見れなくて、どれだけwebを確認しても彼の名前がない現実はどうやったら受け入れることが出来るのだろうか。綺麗事ばかり並べてみたけれど、まだ、私の空虚感は消えない。